産経ニュース

タイで新国王即位、ワチラロンコン皇太子が受諾 1カ月半の空位解消

ニュース 国際

記事詳細

更新


タイで新国王即位、ワチラロンコン皇太子が受諾 1カ月半の空位解消

新国王即位を受諾したワチラロンコン皇太子=2009年12月5日、タイのバンコク(ロイター) 新国王即位を受諾したワチラロンコン皇太子=2009年12月5日、タイのバンコク(ロイター)

 【バンコク=吉村英輝】タイ暫定政権のプラユット首相は1日深夜、10月に88歳で死去したプミポン前国王の後継者として、長男のワチラロンコン皇太子(64)が新国王に即位した、と発表した。チャクリ王朝第10代国王が誕生した。

 タイ暫定議会(非民選)は11月29日、特別会合を開き、皇太子を新国王とする暫定政権の決定を承認した。

 暫定議会のポンペット議長は1日夜、宮殿を訪れ、ワチラロンコン皇太子に新国王即位を要請し、皇太子はこれを受諾した。プラユット氏はテレビ放映の演説で、新国王誕生を国民に報告した。タイのメディアは一斉にこれを速報した。

 ロイター通信によると、皇太子は1日午前、滞在先のドイツから帰国。即位に先立ち、王宮で同日に執り行われたプミポン前国王死去50日の法要に参列した様子はテレビで中継され、厳粛な雰囲気の中、皇太子が儀式を行った。

 王宮周辺は1日、法要に伴い立ち入りが禁止され、一般市民らの王宮での記帳なども中止された。法要は2日も行われる。

 戴冠式は、プミポン前国王死去による1年間の服喪期間後に予定される葬儀後となる見通し。

    

 タイのワチラロンコン新国王は、1952年7月28日、プミポン前国王とシリキット妃(84)の第2子、長男としてバンコクの宮殿で生まれた。66年から英国で中等教育を受けた後、オーストラリアに移り陸軍士官学校を卒業。72年に王位継承者に指名された。

続きを読む

このニュースの写真

  • タイで新国王即位、ワチラロンコン皇太子が受諾 1カ月半の空位解消

関連ニュース

タイで新国王即位へ

「ニュース」のランキング