産経ニュース

【激震・朴政権】朴大統領の「早期退陣」どう進める? 憲法改正が前提条件、新たな課題に

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
朴大統領の「早期退陣」どう進める? 憲法改正が前提条件、新たな課題に

国民向け談話を発表する韓国の朴槿恵大統領=29日、ソウル(聯合・AP=共同) 国民向け談話を発表する韓国の朴槿恵大統領=29日、ソウル(聯合・AP=共同)

 また、朴氏1人の辞任のために憲法改正まですることを疑問視する意見もある。朴氏が即座に辞任しない限り、弾劾であれ、憲法改正であれ、時間はズルズルと過ぎていく。

 仮に憲法改正が実現して、朴氏が任期満了前に辞任し、大統領選挙が「前倒し」されても、本来なら来年12月に予定される大統領選と半年から数カ月しか変わらないというわけだ。朴氏に即刻辞任を要求する世論の言い分でもある。

 「国政の混乱を最小化し、安定した政権移譲ができる案」を国会に求めた朴氏だが、この“難題”は国政混乱の火に油を注ぐ危険性もある。条件なしで朴氏が辞任しない限り、韓国は混迷から抜け出せない。

関連ニュース

【激震・朴政権】元大統領秘書室長を検察が職権乱用容疑で捜査 韓国法務省が報告

「ニュース」のランキング