産経ニュース

ブレア元英首相、政界復帰?「ご意見番」として存在感発揮狙いか

ニュース 国際

記事詳細

更新


ブレア元英首相、政界復帰?「ご意見番」として存在感発揮狙いか

トニー・ブレア元英首相(UPI=共同) トニー・ブレア元英首相(UPI=共同)

 英政界を引退した労働党のブレア元首相(63)が復帰を狙っているとの臆測が出ている。メイ政権の閣僚と接触し、トランプ次期米大統領の娘婿とも会談。欧州連合(EU)離脱を巡り政府に助言を与え、キッシンジャー元米国務長官のような「ご意見番」となり、国際的に影響力のある存在になることを目指しているとの報道も出ている。

 英紙サンデー・タイムズによると、ブレア氏は自ら代表を務めるコンサルタント会社などを閉め、年明けに新たな研究所を設立する予定で、首相官邸や議会近くに事務所を探している。

 自身が積極的に関与してきた中東情勢についてメイ政権の閣僚と意見交換したほか、トランプ政権下でホワイトハウス入りがささやかれる娘婿ジャレッド・クシュナー氏と今月中旬に会談した。(共同)

関連ニュース

「誤ったインテリジェンスで参戦」ブレア政権の判断を正当化できず 英独立調査委、イラク参戦の経緯を検証

「ニュース」のランキング