産経ニュース

【激震・朴政権】榊原定征経団連会長「政治の空白なく、早期安定求めたい」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
榊原定征経団連会長「政治の空白なく、早期安定求めたい」

 韓国の朴槿恵大統領が任期満了前の辞意を表明したことについて、経団連の榊原定征会長は29日、記者団の取材に対し、「日韓関係は、政治、経済、外交面などで深い関係にある。韓国で政治の空白を生じさせず、早期に安定することを求めたい」と語った。

 経済同友会の小林喜光代表幹事は同日の記者会見で、「今回の問題では韓国大手企業が巻き込まれているが、為替レートが大きく変化しなければ混乱はないだろう」と述べた。

 小林氏は「日本企業と韓国企業の関係は切っても切れない。今後の関係に大きな影響はない」と静観する考えを示した。

 また、日本商工会議所の三村明夫会頭も「今後の日程や手続きなどは定かではないが、日韓両国の経済関係に影響が及ばないよう、早期に国政の混乱が収束することを期待したい」とのコメントを発表した。

関連ニュース

【激震・朴政権】公明・山口那津男代表「冷静に慎重に見守りたい」

「ニュース」のランキング