産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


タイ新国王承認の議会手続き開始

タイのワチラロンコン皇太子㊧=2010年(ロイター) タイのワチラロンコン皇太子㊧=2010年(ロイター)

 【シンガポール=吉村英輝】タイの暫定議会(非民選)は29日、10月13日に88歳で死去したプミポン国王の後継として、ワチラロンコン皇太子(64)の即位を求める暫定政権の要請を承認した。

 ロイター通信などによると、皇太子は現在ドイツに滞在中で、30日に帰国する予定。12月1日に暫定議会の議長が皇太子に即位を要請し、皇太子が受諾すれば即位の運びとなる。

 即位式は、1日に予定されているプミポン国王の法要後に行われるとの見方もでている。戴冠(たいかん)式は、来年9月に行われるプミポン国王の葬儀の後となる見通しだ。

 新国王は来年2月までに新憲法を公布する予定。皇太子は「悲しみが癒えるのを待ちたい」として、当面は王位を継承しない意向を周囲に伝えていたことから、新憲法公布の延期と軍事政権のさらなる長期化が懸念されていた。

 新国王が即位すれば、来年末の総選挙実施と民政復帰に向けた一連の手続きが前進することになる。

 ワチラロンコン皇太子は1952年7月28日生まれ。英国とオーストラリアに留学し、1972年に皇太子に指名された。

関連ニュース

タイ新国王に皇太子承認 暫定議会

「ニュース」のランキング