産経ニュース

【激震・朴政権】なぜこの日に? 民心、身内の退陣要求…追い詰められ、最後の意地か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
なぜこの日に? 民心、身内の退陣要求…追い詰められ、最後の意地か

29日、ソウルの大統領府で国民向け談話を発表し、頭を下げる朴槿恵大統領(AP) 29日、ソウルの大統領府で国民向け談話を発表し、頭を下げる朴槿恵大統領(AP)

 一方で、この日の談話では疑惑に絡み、「いかなる個人的利益も得ていない」と述べ、朴氏が「共謀」したとみなす検察の捜査への反発心もにじませた。

 「与野党が論議して国政の混乱と空白を最小化し、安定して政権を移譲できる案を作ってくれれば」。その言葉からは、やみくもに退陣要求を叫び、混乱収拾の責任を取ろうとしない野党などへの不満も垣間見える。

 単に野党の思う通りに従うのではなく、政界が混乱収拾に向けたロードマップを用意すれば、私はいつでもやめます-という意地を示したものだろう。

 しかし、「私は全てのことをお伝えしました。1日も早く韓国が混乱から抜け出すことを願うばかりです」との最後の一言からは自身が招いた疑惑に対し、本気で責任を取る固い決意は読み取れず、ひとごとのような空虚さが残った。(ソウル 桜井紀雄)

関連ニュース

【激震・朴政権】朴槿恵大統領の国民向け談話全文「100回でも謝罪」

「ニュース」のランキング