産経ニュース

【激震・朴政権】なぜこの日に? 民心、身内の退陣要求…追い詰められ、最後の意地か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
なぜこの日に? 民心、身内の退陣要求…追い詰められ、最後の意地か

29日、ソウルの大統領府で国民向け談話を発表し、頭を下げる朴槿恵大統領(AP) 29日、ソウルの大統領府で国民向け談話を発表し、頭を下げる朴槿恵大統領(AP)

 朴槿恵大統領はなぜ、29日に事実上の「辞意表明」をしたのか。野党は30日にも朴氏への弾劾訴追案を発議する姿勢をみせ、与党の主流派からも退陣を求める声が上がっていた。朴氏が主導権を発揮しうる「最後の1日」だったといえる。

 「百回でも謝罪を申し上げることが当然の道理だと考えています」

 3度目となる29日の国民向け談話は、世論の予想を裏切るものだった。軽く一礼し、無表情のままマイクの前で語り始めた朴氏が、「大統領職の任期短縮を含む進退問題を国会の決定に委ねる」と辞意を口にしたからだ。

 「弾劾になっても政権にしがみつく」。これが大方の世論の見方だった。

 朴氏を突き動かした最大の力は「民心」だった。退陣を求める大規模集会は毎週末に行われ、26日には全国で主催者側が2百万人、警察も30万人以上と推計する国民が参加。ベビーカーを押す親子連れや受験を終えた高校生ら大半は、政治運動と無縁の人々だった。

 大統領府は「大統領は厳粛に受け止めている」とし、朴氏自身もこの日、「夜通し悩み続けた」と告白した。デモの光景は耐え難いものだっただろう。

 野党は最短で30日の弾劾訴追案の国会発議に向けた準備を進めていた。28日には与党、セヌリ党の主流派からも「名誉ある退陣」を求める声が朴氏に伝えられた。中には朴氏を支えてきた重鎮も含まれていた。

続きを読む

関連ニュース

【激震・朴政権】朴槿恵大統領の国民向け談話全文「100回でも謝罪」

「ニュース」のランキング