産経ニュース

米オハイオの大学、ナイフで切りつけ11人負傷 ソマリア移民の男を射殺

ニュース 国際

記事詳細

更新


米オハイオの大学、ナイフで切りつけ11人負傷 ソマリア移民の男を射殺

オハイオ州立大で車で歩行者をはねた上、ナイフで切りつけ、11人を負傷させたアブドルラザク・アリ・アータン容疑者=8月撮影(AP) オハイオ州立大で車で歩行者をはねた上、ナイフで切りつけ、11人を負傷させたアブドルラザク・アリ・アータン容疑者=8月撮影(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】米中西部オハイオ州コロンバスのオハイオ州立大で28日午前(日本時間同日深夜)、男が車で歩行者をはねた後、ナイフで切りつける事件が発生した。男は駆けつけた警官にその場で射殺された。歩行者11人が負傷し、病院に搬送された。米連邦捜査局(FBI)がテロの可能性を含め動機などを捜査している。

 米NBSニュースによると、この男は同大の大学生、アブドルラザク・アリ・アータン容疑者(18)。車で歩道に乗り上げ歩行者を次々とはねた後、車から降りてナイフで刺した。負傷者11人のうち、1人が重体。

 アータン容疑者は、アフリカ東部ソマリアからの移民で、2007年に家族で母国を離れた後、パキスタンに住み、14年に米国に移住したという。

 犯行当時、構内には多数の学生がおり、学生らは教室の入り口をバリケードで囲うなど騒然となった。

 オハイオ州立大は6万人以上の学生を擁する全米屈指のマンモス校として知られる。

このニュースの写真

  • 米オハイオの大学、ナイフで切りつけ11人負傷 ソマリア移民の男を射殺
  • 米オハイオの大学、ナイフで切りつけ11人負傷 ソマリア移民の男を射殺
  • 米オハイオの大学、ナイフで切りつけ11人負傷 ソマリア移民の男を射殺

関連ニュース

フランス南部の老人ホームに覆面男が侵入、1人殺害 テロとは無関係

「ニュース」のランキング