産経ニュース

潘基文・国連事務総長、韓国次期大統領選への出馬「国のために何ができるか友人らと議論する」

ニュース 国際

記事詳細

更新


潘基文・国連事務総長、韓国次期大統領選への出馬「国のために何ができるか友人らと議論する」

潘基文国連事務総長(上塚真由撮影) 潘基文国連事務総長(上塚真由撮影)

 【ニューヨーク=上塚真由】12月末で10年の任期を終える国連の潘(パン)基文(ギムン)事務総長は28日、国連本部で産経新聞など日本メディアとのインタビューに応じ、韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領を取り巻く疑惑で国政が混乱していることについて、「国内情勢にはコメントしない」と前置きした上で、「1人の国民としては注視している。非常に多くの韓国国民の怒りや不満を目にし、とても謙虚に受け止めている」と述べた。

 潘氏は、韓国は民主主義で成熟し、経済的に活発な国へと変容したと指摘し、「国際社会から『まれなサクセスストーリー』と評価されていることをいつも誇りに思っている」と発言。韓国の状況について、「今回の危機も乗り越えることができるだろう」と語った。

 また、事務総長退任後に韓国の大統領選に出馬する可能性を問われると、「私人として来年1月に韓国に戻った後、母国のために何ができるか、何をすべきか、友人や韓国社会の指導者たちと議論したい」と述べるにとどめた。

 北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射で緊張が高まる朝鮮半島情勢の事態打開のため、調整していた自身の訪朝については、任期が残りわずかとなったことから「現実的ではない」と述べ、断念したことを明らかにした。

関連ニュース

【米大統領にトランプ氏】「温暖化対策を撤回」に国連の潘基文氏が再考促す

「ニュース」のランキング