産経ニュース

国連次期総長が訪中 習主席らと会談、厚遇

ニュース 国際

記事詳細

更新


国連次期総長が訪中 習主席らと会談、厚遇

 【北京=藤本欣也】グテレス次期国連事務総長が28日、中国を訪問し、北京で習近平国家主席と会談した。習氏は「グテレス氏が事務総長の職責を果たすことを断固として支持する」と表明、グテレス氏は「中国は国連の活動で重要な支柱だ」と述べ、協力拡大を求めた。中国側は李克強首相、楊潔●国務委員、王毅外相もグテレス氏と会談、来年1月に事務総長に就任する同氏を厚遇した。

 グテレス氏は王毅外相との共同記者会見で、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)や中国が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」などを挙げ、「全世界への重要な貢献だ」と評価。王氏は「中国と国連の関係は新たな歴史の出発点に立っている」と強調した。

 グテレス氏はポルトガルの社会党出身で、首相在任中にポルトガル領マカオの中国返還(1999年)に携わるなど、中国とも縁が深い。中国はグテレス氏が率いる国連を通じて、国際社会での影響力を拡大したい考えだ。

 グテレス氏は今月24日には、ロシアのプーチン大統領とモスクワで会談している。

●=簾の广を厂に、兼を虎に

関連ニュース

【カストロ前議長死去】潘基文国連総長「教育・保健分野で進歩した」

「ニュース」のランキング