産経ニュース

【正論】トランプ当選にみる米メディアの失態 建前の押しつけが米国民の反感を呼んだ 東京大学名誉教授・平川祐弘

ニュース 国際

記事詳細

更新

【正論】
トランプ当選にみる米メディアの失態 建前の押しつけが米国民の反感を呼んだ 東京大学名誉教授・平川祐弘

平川祐弘・東京大学名誉教授 平川祐弘・東京大学名誉教授

 ≪建前の押しつけは心寂しい≫

 今回の選挙で米国の民衆が反発した最大の理由は、政治的公正の押しつけに対する反感だと木村氏は指摘する。英国では女王がクリスマスにお言葉を述べるが、昔からの習いで苦情を言う人はいない。だがオバマ政権下の米国では公共の老人ホームでのクリスマス・ツリーは自粛された。政教分離を厳密公正(コレクト)に行えという政治的主張に圧されて、キリスト教のシンボルの樹は建てさせなかった。そんな厳密な建前を強いることは何か心寂しくないか。

 ぎすぎすした主張のごり押しは反感を呼ぶ。そうした公正派の疑似正義にいやけをさした人が、今度の選挙でトランプ氏に投票したというが、米国の偉大さの復活を唱えるトランプ氏の第一の儀式は、多人種・多宗教の米国の大統領就任式だが、壇上でキリスト教の聖書に誓うに相違ない。必ずや万雷の拍手を浴びるだろう。(東京大学名誉教授・平川祐弘 ひらかわ すけひろ)

関連ニュース

【正論】南スーダン派遣を名誉としたい 世論より自衛官の言葉を信じる 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛

「ニュース」のランキング