産経ニュース

【激震・朴政権】金淇春元秘書室長が時の人に 「面識ないはず」の崔被告がチャ被告と会わせる

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
金淇春元秘書室長が時の人に 「面識ないはず」の崔被告がチャ被告と会わせる

ソウル市内で開かれた行事に出席した金淇春氏=2日(聯合=共同)  ソウル市内で開かれた行事に出席した金淇春氏=2日(聯合=共同) 

 【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件で、27日に起訴された映像監督、チャ・ウンテク被告(47)が崔被告の指示を受け、2014年に金淇春(キム・ギチュン)大統領秘書室長(当時)に会っていたことがチャ被告の弁護士により明らかにされた。韓国では、政権の中枢にいた金氏と崔被告の関係の疑惑解明を求める声が高まっている。

 弁護士によれば、チャ被告は同年4~5月に崔被告と知り合い、6~7月に崔被告の指示で金淇春氏のもとを訪問。前文化体育観光省第2次官、金鍾(ジョン)容疑者(職権乱用容疑で逮捕)らも同席し、約10分間話したという。チャ被告は1カ月後に大統領直属の文化隆盛委員に任命された。

 金淇春氏は「崔被告とは面識がない」と主張している。しかし金鍾容疑者が「金淇春氏の紹介で崔被告と会った」と検察に供述したとも報じられている。

 一方、チャ被告の証言が明らかになった後、金淇春氏は韓国紙の取材に「朴大統領からチャ・ウンテクという人に一度会ってみるよう言われ、大統領府で会った」と語り、朴氏の関与を認めた。

続きを読む

関連ニュース

【激震・朴政権】朴槿恵氏肝煎りの歴史教科書、国定化も暗礁に 一部世論「朴正煕時代の美化」と反発

「ニュース」のランキング