産経ニュース

【仏大統領選】「永遠の2番手」フィヨン氏が急浮上 手堅い実務型保守

ニュース 国際

記事詳細

更新

【仏大統領選】
「永遠の2番手」フィヨン氏が急浮上 手堅い実務型保守

フランソワ・フィヨン元首相(右)と現ボルドー市長のアラン・ジュぺ元首相。中道右派政党、共和党の第2次大統領予備選の結果を受けて=27日、パリ(ロイター) フランソワ・フィヨン元首相(右)と現ボルドー市長のアラン・ジュぺ元首相。中道右派政党、共和党の第2次大統領予備選の結果を受けて=27日、パリ(ロイター)

 「永遠の2番手」と呼ばれたフランスの保守系野党、共和党所属のフランソワ・フィヨン元首相(62)が中道・右派の予備選を制し、大統領選の「大本命」に急浮上。詳細な公約を示し、激高することなくライバルと討論した姿勢が有権者の支持を集めた。

 自動車レースで有名な西部ルマン生まれ。パリ大で法学を修め、地元市長兼国民議会(下院)議員の秘書を務めた。同市長死去を受け、27歳と当時最年少の若さで下院議員に初当選。

 保守派のシラク元大統領の下、高等教育相や労働相を歴任。実務に手堅い手腕を発揮したが、サルコジ前大統領(61)、ジュペ元首相(71)らから「格下」の扱いも受けた。サルコジ政権の2007~12年には5年間、首相を務め、常にサルコジ氏の「ワンマン政治」に振り回された。

 自ら立候補を表明すると、サルコジ氏の「金権腐敗」を指弾。「首相時代を共にした盟友」と呼ぶプーチン・ロシア大統領と交友が深い。(共同)

このニュースの写真

  • 「永遠の2番手」フィヨン氏が急浮上 手堅い実務型保守
  • 「永遠の2番手」フィヨン氏が急浮上 手堅い実務型保守
  • 「永遠の2番手」フィヨン氏が急浮上 手堅い実務型保守
  • 「永遠の2番手」フィヨン氏が急浮上 手堅い実務型保守
  • 「永遠の2番手」フィヨン氏が急浮上 手堅い実務型保守

関連ニュース

【仏大統領選】中道・右派候補にフィヨン氏選出 決選投票で圧勝

「ニュース」のランキング