産経ニュース

【環球異見・次期米大統領のTPP離脱表明】米ニューヨーク・タイムズ「中露など協定交渉の好機ととらえている」 中国・環球時報「中国が最良のパートナーとトランプ氏は知るべきだ」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【環球異見・次期米大統領のTPP離脱表明】
米ニューヨーク・タイムズ「中露など協定交渉の好機ととらえている」 中国・環球時報「中国が最良のパートナーとトランプ氏は知るべきだ」

ペルー・リマで開催のAPECに合わせて開かれたTPP首脳会合(ロイター) ペルー・リマで開催のAPECに合わせて開かれたTPP首脳会合(ロイター)

                  

新京報(中国)「中国の戦略的チャンス拡大」

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は23日付の社説で、米国のTPP離脱は「貿易が排他主義的になり、地政学に転換することを防ぐために積極的な意義がある」と評価した。一方でトランプ氏が「米国の利益優先」を追求し、保護主義を万能薬だと考えるならば「世界の経済協力のルールは著しく損なわれ、米国とその貿易パートナーは共倒れする」と警告し、選挙期間中に中国製品に高関税をかけると主張したトランプ氏を牽制(けんせい)した。

 さらに社説は「グローバリゼーションの時代、大国は高度に開放的であることが運命づけられている」と主張。利益を独り占めするような発想を大国が持てば「その活力は著しく衰退する」と指摘し、「米国経済を立て直すためには中国が最良のパートナーであることをトランプ氏は知るべきだ。中米両国のどちらが発展しても、相手は利益を受けることができる」とその相互依存関係を強調した。

 中国の有力紙、新京報も25日付の紙面で「TPPの頓挫は中国の戦略的チャンスの時代を拡大する」と題する専門家の解説を紹介した。記事は米国がTPPを放棄したことは「間違いなく中国にとっての大きな好材料だ」と言及。その理由としてTPPの狙いはアジア太平洋地域で中国を排除した貿易体系を構築することであり、「中国が恩恵を受けている世界貿易機関(WTO)を飾り物にし、世界の貿易構造を一新することだった」と分析した。

 記事はTPPがもし成功していれば、米と欧州連合(EU)による環大西洋貿易投資協定(TTIP)とともに中国がグローバリゼーションに参画する権利を奪い、中国は永遠に国際貿易の競争システムにおいて「辺境の地位」に置かれただろうと予測。中国が推進してきた東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の寛容性と開放性は発展途上国にとって有利であり、「中国はより重要な推進作用を発揮することが可能だ」と訴えた。(北京 西見由章)

関連ニュース

【環球異見・トランプ氏勝利の衝撃】仏・ルモンド紙「過激主義政党が政権を握る」 中国・環球時報紙「中米関係の焦点は経済利益の衝突に移る」

「ニュース」のランキング