産経ニュース

【私が見た米大統領選】接近、わずか2メートルで感じた期待感と日米メディア「トランプ叩き」一辺倒の落差 外信部編集委員 黒沢潤

ニュース 国際

記事詳細

更新

【私が見た米大統領選】
接近、わずか2メートルで感じた期待感と日米メディア「トランプ叩き」一辺倒の落差 外信部編集委員 黒沢潤

2015年8月30日、米東部ニュージャージー州プレインフィールドのゴルフコースに警備員とともに現れたドナルド・トランプ氏(黒沢潤撮影) 2015年8月30日、米東部ニュージャージー州プレインフィールドのゴルフコースに警備員とともに現れたドナルド・トランプ氏(黒沢潤撮影)

 1981~89年に米大統領を務めた元俳優のロナルド・レーガン氏は、当初多かった悪評にもかかわらず、米史に名を残す大統領の1人となった。多くの事業で失敗しながらも「トランプ帝国」を築き上げたトランプ氏。ビジネス界で成功した後、今度は政治の世界で尊敬され、不朽の名を残したいという「野心」は当然持っていると思う。

このニュースの写真

  • 接近、わずか2メートルで感じた期待感と日米メディア「トランプ叩き」一辺倒の落差 外信部編集委員 黒沢潤

関連ニュース

【トランプ次期大統領】保守系女性論客を安保副補佐官に 国務長官人事は難航か

「ニュース」のランキング