産経ニュース

【緊迫・南シナ海】禁漁区構想でドゥテルテ比大統領「漁業資源維持が狙い」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
禁漁区構想でドゥテルテ比大統領「漁業資源維持が狙い」

ドゥテルテ大統領=フィリピン、ダバオ(ロイター) ドゥテルテ大統領=フィリピン、ダバオ(ロイター)

 フィリピンのドゥテルテ大統領は24日、南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)で環礁内に限って禁漁区にするとの自身の構想について「魚の産卵域を保護し、漁業資源を維持するのが狙いだ」と述べた。南部ダバオで記者団に語った。

 スカボロー礁を巡っては中国と領有権で対立してきた。ドゥテルテ氏は19日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれたペルーで中国の習近平国家主席と会談した際、環礁内を双方の禁漁区にすることを提案。習氏は態度を明確にしなかった。

 ドゥテルテ氏は24日、中国側も同様の対応を取ることを期待していると言及。構想では環礁の外側では操業はできるが、地元メディアによると、スカボロー礁での漁を生活の糧にしている漁師からは反対の声が上がっている。環礁内は、荒天時に漁船が避難する停泊地としても使われてきた。(共同)

「ニュース」のランキング