産経ニュース

【激震・朴政権】検察と駆け引き、粘る朴槿恵氏の思惑は…崔順実容疑者の起訴状に供述入るのを避ける狙いか

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
検察と駆け引き、粘る朴槿恵氏の思惑は…崔順実容疑者の起訴状に供述入るのを避ける狙いか

朴大統領関連の報道を見守るソウル市民=17日午後、ソウル(大西正純撮影) 朴大統領関連の報道を見守るソウル市民=17日午後、ソウル(大西正純撮影)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、友人の女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑をめぐり検察が要求していた「遅くとも18日までの事情聴取」を事実上拒否した。韓国ではメディアを中心に、「聴取の引き延ばしを図っている」との見方が支配的で、朴氏の対応への疑念や批判が一層高まっている。

 検察は20日が勾留期限の崔容疑者や、前大統領府首席秘書官らを起訴する前に、「疑惑の中心」(検察)とされる朴氏に対する事情聴取を確実に行いたい考えだ。しかし、真相究明に向けた検察や世論の要求を、朴氏は「検察の調査に応じないと言ったことはない」(朴氏の弁護士)とかわし、聴取を来週以降に持ち越した。

 朴氏の弁護士は、初めて朴氏の意思を明らかにした15日、「1週間ほど時間が必要」「直接聴取ではなく書面での聴取が望ましい」「取り調べは最小限であるべきだ」-などと主張した。今回の朴氏の聴取拒否は、こうした意向から一切踏み出しておらず、世論の要求を受け入れようとする態度はうかがえない。

 朴氏が18日の聴取に頑として応じず、粘りを見せる理由として、韓国メディアの多くは、崔容疑者の起訴状に朴氏の供述内容が盛り込まれることを警戒しているためと指摘している。職権乱用などの容疑を立証するには、将来的な大統領の弾劾も念頭に、朴氏自身の供述が必要だ。

続きを読む

関連ニュース

【激震・朴政権】朴槿恵氏側が週内の聴取を拒否、訪日への意欲は失わず 「特別検察官」法は成立

「ニュース」のランキング