産経ニュース

【激震・朴政権】選任された弁護士は「元祖親朴」 崔容疑者の疑惑から朴槿恵氏を守る「護衛武士」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
選任された弁護士は「元祖親朴」 崔容疑者の疑惑から朴槿恵氏を守る「護衛武士」

朴槿恵大統領の弁護人に選任され、記者団の前で話す柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士=15日、ソウル(ロイター) 朴槿恵大統領の弁護人に選任され、記者団の前で話す柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士=15日、ソウル(ロイター)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵大統領の弁護人に選任され、史上初めて現職大統領の刑事事件を担当することになった柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士(54)とはどんな人物なのか-。法律面で朴氏をサポートし続け、「元祖親朴」ともいわれる。

 「大統領以前に女性としての私生活がある点を考慮してほしい」。柳氏は15日、記者団にこう要請し、朴氏を徹底擁護する姿勢を見せた。

 南東部の釜山(プサン)出身。地検検事を経て政界進出を目指し、2004年の総選挙に出馬したが、落選。その後も落選を重ねる。転機は、朴氏が与党代表だった05年に党の要職に抜擢(ばってき)され、法律分野で朴氏の参謀役を務めるようになったことだ。

 朴氏が李明博(イ・ミョンバク)前大統領と候補を争った07年の大統領選で辣腕(らつわん)ぶりが発揮された。朴氏と崔容疑者父娘らの関係をめぐる疑惑は当時から持たれていたが、李陣営のネガティブキャンペーンをかわすのに尽力。12年の大統領選でもネガティブキャンペーンを退け、「護衛武士」との異名も得た。

 崔容疑者との関係という朴氏最大の「弱点」を熟知しているからこそ、今回、弁護人を一任されたとの見方もある。

関連ニュース

【激震・朴政権】朴槿恵氏側、聴取の先送り要請 弁護人「物理的に不可能」 国政介入疑惑

「ニュース」のランキング