産経ニュース

【激震・朴政権】国政介入疑惑追及に備え内部文書か 「法的に問題なし」韓国大統領府が火消し狙う?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
国政介入疑惑追及に備え内部文書か 「法的に問題なし」韓国大統領府が火消し狙う?

韓国の朴槿恵大統領 韓国の朴槿恵大統領

 韓国のJTBCテレビは15日までに、朴槿恵大統領の親友、崔順実容疑者の国政介入疑惑が指摘され始めていた10月、大統領府が疑惑について「法的に問題ない」と結論付けるなど、追及に備えた内部文書を作成していたと伝えた。崔容疑者を擁護し、火消しを図っていた可能性がある。

 JTBCによると、検察はこの文書に「朴氏の指針書」の性格があるとみて、作成に大統領の指示がなかったかなどを調べている。

 文書は大統領府の前付属秘書官チョン・ホソン容疑者の携帯電話から見つかった。崔容疑者が実質支配し、大統領府の関与疑惑がある「ミル財団」と「Kスポーツ財団」の設立経緯について、問題ないとした。

 崔容疑者の財団資金流用疑惑について、文書は事実なら横領罪が適用され得るとしつつ「そのような(流用の)状況はない」と指摘したという。(共同)

このニュースの写真

  • 国政介入疑惑追及に備え内部文書か 「法的に問題なし」韓国大統領府が火消し狙う?

関連ニュース

【激震・朴政権】韓国初の現職大統領捜査へ、16日にも事情聴取 与野党は特別検察官任命で合意

「ニュース」のランキング