産経ニュース

【激震・朴政権】ソウルのデモ、本当は「100万人」を超えていた? 警察推計との開きのわけは…「市民意識の成熟」自画自賛も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
ソウルのデモ、本当は「100万人」を超えていた? 警察推計との開きのわけは…「市民意識の成熟」自画自賛も

朴槿恵大統領の退陣を求める大規模集会がソウル中心部で行われた=12日午後、韓国・ソウル(大西正純) 朴槿恵大統領の退陣を求める大規模集会がソウル中心部で行われた=12日午後、韓国・ソウル(大西正純)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵大統領の退陣を求め、ソウル中心部で12日午後から13日未明に行われた集会の参加者は、100万人を超えていた可能性が高いことが地下鉄の利用状況などから分かった。100万人が参加したとする主催者側に対し、警察は26万人と推計していた。なぜ4倍もの開きが出たのか-。

 ソウル市によると、集会当日、会場付近を通る地下鉄の利用客数は、前年11月の土曜日の平均利用客数より約101万人多い約172万人。下車数は前年平均より約51万人多かった。バスの利用などを勘案し、聯合ニュースは、参加総数が約132万人に達するとの推計を伝えており、「100万人」という数字は誇張とはいえなさそうだ。

 警察が「政権に配慮して低く見積もったのではないか」との見方も出ている。警察は、ある地点に座ったり立ったりしている人の密度から全体数を割り出す。今回、午後には会場から人があふれ、途中で抜けたり入ったりする出入りも激しく、集計が追いつかなかったのが実情のようだ。

 一部デモ隊は、大統領府まで約900メートルに迫り、13日未明まで機動隊とにらみ合った。警察は強制排除に乗り出し、23人を連行。もみ合いなどで参加者ら64人が手当てを受けた。

 こうした衝突を除けば、集会全体はおおむね「平和的」に終了し、散乱したゴミを自発的に拾う若者の姿も目についた。メディアは「市民意識の成熟だ」とたたえる声を伝えている。

関連ニュース

【激震・朴政権】セウォル号沈没当日「空白の7時間」が再び焦点に 元ソウル支局長コラム再評価の声も

「ニュース」のランキング