産経ニュース

【激震・朴政権】朴槿恵大統領、首相人事案を撤回 野党に譲歩、延命図る?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
朴槿恵大統領、首相人事案を撤回 野党に譲歩、延命図る?

野党議員が退陣要求のプラカードを掲げる中、国会を訪れた韓国の朴槿恵大統領(左から2人目)=8日、ソウル(聯合=共同) 野党議員が退陣要求のプラカードを掲げる中、国会を訪れた韓国の朴槿恵大統領(左から2人目)=8日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵大統領は8日午前、国会を訪れ、丁(チョン)世均(セギュン)国会議長と会談した。朴氏は「国会の与野党合意で首相候補が推薦されれば、その人物を任命する」と述べ、自身が示した首相人事案を事実上、撤回した。

 朴氏が自ら国会に足を運ぶのは極めてまれで、崔順実容疑者の国政介入疑惑による政局の混乱に対する焦燥感の表れといえる。

 朴氏は2日、事態打開のため、野党系の金(キム)秉準(ビョンジュン)氏を新首相に指名したが、3野党が「一方的な人事案だ」と撤回を要求。朴氏との直接会談も拒否していた。

 朴氏は丁氏に「国政を正常化させるのが大統領の責務と考え、お会いした」と述べ、協力を要請。韓国経済が低迷する点も挙げ、混乱の早期収拾を訴えた。ただ、野党側には、朴氏の退陣を求める声も強く、与野党が首相人事案で合意できるかは見通せない状況だ。

このニュースの写真

  • 朴槿恵大統領、首相人事案を撤回 野党に譲歩、延命図る?

関連ニュース

【激震・朴政権】前秘書官が会議情報を崔容疑者に 八方ふさがりの朴槿恵氏…野党は首相案を断固拒否、与党内からも「離党」求める声が

「ニュース」のランキング