産経ニュース

【激震・朴政権】政府系機関の前院長を拘束 崔容疑者側近の株式不正取得に加担か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
政府系機関の前院長を拘束 崔容疑者側近の株式不正取得に加担か

韓国の朴槿恵大統領(左、聨合=共同)、崔順実氏(右、韓国誌「時事IN」提供・共同) 韓国の朴槿恵大統領(左、聨合=共同)、崔順実氏(右、韓国誌「時事IN」提供・共同)

 韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実容疑者の国政介入疑惑を捜査中の検察は7日夜、崔容疑者の側近男性が広告会社の株式を不正に取得しようとした際に加担したとして、政府系機関「韓国コンテンツ振興院」の宋星●(=王へんに玉)前院長を拘束した。

 聯合ニュースによると、宋氏は昨年、ある企業が買収した広告会社の株式を男性に譲るよう、この企業の幹部に要求し「譲渡しないと御社に税務調査が入る」と脅したとされる。

 男性は広告業界のチャ・ウンテク氏。政府系の文化事業を手掛けるなど、崔容疑者を通じさまざまな利権を得ていたと報じられている。滞在先の中国から週内にも韓国に戻るとみられ、検察は帰国後に取り調べる。(共同)

関連ニュース

【激震・朴政権】韓国の権力の序列「崔順実が1位、大統領は3位だ」検察OB更迭で朴槿恵大統領ら「盾」失う

「ニュース」のランキング