産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


イタリア中部で連続地震 心臓発作で1人死亡

イタリア中部での地震で大きく壊れた教会=27日、マルケ州ビッソ近郊(ロイター) イタリア中部での地震で大きく壊れた教会=27日、マルケ州ビッソ近郊(ロイター)

 米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部で26日午後7時10分(日本時間27日午前2時10分)ごろ、マグニチュード(M)5.5の地震があった。約2時間後にも、ほぼ同じ地域でM6.1の地震が発生。ANSA通信によると、中部マルケ州の73歳の男性が地震のショックによる心臓発作で死亡した。他に複数の負傷者が出た。

 ウンブリア州やマルケ州など中部一帯で大きな揺れが観測され、政府当局によると、15世紀に建てられた教会が損壊したほか、家屋や道路などの被害も確認された。マルケ州などで建物の損壊が激しく、2千~3千人が避難しているという。

 イタリア中部では8月24日、約300人が犠牲となる大規模な地震が起きたばかり。

 USGSによると、今回の地震の震源はいずれもマルケ州ビッソ周辺で、震源の深さは同じ約10キロ。震源から約150キロの首都ローマでも体に感じる揺れがあった。(共同)

「ニュース」のランキング