産経ニュース

【石平のChina Watch】中国が「詐欺の国」となる日は遠くない オレオレ詐欺や偽証明書の偽造…もはや〝地場産業〟化した「郷」がはびこる国

ニュース 国際

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
中国が「詐欺の国」となる日は遠くない オレオレ詐欺や偽証明書の偽造…もはや〝地場産業〟化した「郷」がはびこる国

中国の人民元紙幣。農村ぐるみの詐欺事件が多発している (ロイター) 中国の人民元紙幣。農村ぐるみの詐欺事件が多発している (ロイター)

 中国の国内メディアで最近「詐欺の郷」という言葉をよく見かける。農村部の村々の集合である「郷」で、郷民の多くが詐欺集団と化し、郷ぐるみの詐欺犯罪を行う、という意味である。

 たとえば、江西省余幹県の江埠郷は、「子供を欲しがる貴婦人詐欺」の本拠地として有名である。

 各地で発覚したこの詐欺とは「夫から莫大(ばくだい)な遺産を相続した子を持たない貴婦人が、子作りのパートナーとなる若く健康な男性を大金で募集する」という嘘のメールを不特定多数に送り、釣られた人に「信用保証金」を要求するという手口である。これまで、この詐欺で全国で捕まった三百六十数人のうち、200人程度が江埠郷の石渓村と李家村の村民であることが判明している。

 2つの村の村民の大半が詐欺に関わっており、多くの場合、家族単位、あるいは親族単位で詐欺グループを作り、「貴婦人」「弁護士」を演じる役割やネット情報を拡散する役割を分担し全国で暗躍してきたという。

続きを読む

関連ニュース

【石平のChina Watch】李首相の「外交復権」は「団派」の巻き返しだ 激化が予想される中国共産党の権力闘争 

「ニュース」のランキング