産経ニュース

訪中のドゥテルテ比大統領、南シナ海問題を事実上棚上げの姿勢 「米などの支持は第3次大戦誘発」

ニュース 国際

記事詳細

更新


訪中のドゥテルテ比大統領、南シナ海問題を事実上棚上げの姿勢 「米などの支持は第3次大戦誘発」

フィリピンのドゥテルテ大統領(AP) フィリピンのドゥテルテ大統領(AP)

 【北京=西見由章】訪中しているフィリピンのドゥテルテ大統領は19日、北京で記者団に対し、南シナ海における中国の主権主張を退けたハーグの仲裁裁判所の裁定について、20日の習近平国家主席との首脳会談で自発的に取り上げない意向を示した。ロイター通信が報じた。中国側から裁定について切り出すことは考えにくく、事実上、棚上げする意向を示唆した形で、中国から経済支援を引き出す狙いがありそうだ。

 また、会談では南シナ海問題で「強硬な要求」はしたくないとし、相違点をめぐる議論は習氏が提起するのを待つ姿勢を示した。

 ドゥテルテ氏は19日までに中国国営中央テレビ(CCTV)のインタビュー取材に応じ、南シナ海問題で米国やその同盟国がフィリピンを支持する立場に立てば、「第三次世界大戦を引き起こす可能性がある」と述べ、中国との対話を通じて問題を解決する姿勢を強調した。

 インタビューでは、「戦争が起きたら、ある海域の領有権が何の役に立つのか。百年後、南シナ海は何の意味もなくなっているだろう」とも語った。

続きを読む

関連ニュース

【ドゥテルテ・ショック(上)】麻薬受刑者でごった返す刑務所 南シナ海で中国に歩み寄り…「暴言大統領」が支配する国の現実

「ニュース」のランキング