産経ニュース

【米大統領選】トランプ氏当選なら「不安定」 クリントン氏なら「円安」 「どちらでもドル高の容認ない」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
トランプ氏当選なら「不安定」 クリントン氏なら「円安」 「どちらでもドル高の容認ない」

大統領選の共和党候補トランプ氏(AP) 大統領選の共和党候補トランプ氏(AP)

 米大統領選が終盤戦に突入し、金融市場では、11月8日の投票日に向けた思惑が錯綜している。日本時間20日午前には、民主党のヒラリー・クリントン氏、共和党のドナルド・トランプ氏の両候補による3回目のテレビ討論会が開かれる。選挙の流れを決める直接対決となるのは確実で、討論の行方を市場は固唾をのんで見守っている。

 直近の米メディアの世論調査では、トランプ氏の数多くの失言やスキャンダルにより、クリントン氏の優勢が伝えられている。ただ、「どちらが大統領になっても経常赤字につながるドル高を容認することはない」というのが市場の一般的な見方だ。

 基本的には円高ドル安基調が続くとみられる中、今後の金融市場を読み解く上で重要なカギとなるのが、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げの動向だ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作氏は「どちらが勝利するかによってホワイトハウスとFRBの距離感は変わってくる」と解説する。

 トランプ氏は「FRBの権限縮小を支持する」「イエレン氏は任期満了後に交代させる」などと明言。「大統領による異例のFRBへの口先介入があれば、金融政策運営は不安定になる」との見方が大勢だ。

続きを読む

関連ニュース

【米大統領選】ヴォーグ誌がクリントン氏支持を表明、女性参政権の歴史踏まえ19世紀の創刊後初

「ニュース」のランキング