産経ニュース

【米大統領選】オバマ氏の兄を討論会に招待 トランプ氏、心理戦仕掛ける 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
オバマ氏の兄を討論会に招待 トランプ氏、心理戦仕掛ける 

オバマ米大統領の兄のマリク・オバマ氏=ケニアのナイロビ(撮影日:2012年11月7日、ロイター) オバマ米大統領の兄のマリク・オバマ氏=ケニアのナイロビ(撮影日:2012年11月7日、ロイター)

 【ラスベガス(ネバダ州)=小雲規生】19日にラスベガスで行われる米大統領選の第3回討論会に、オバマ大統領の兄で、共和党のドナルド・トランプ候補を支持しているマリク・オバマ氏が聴衆として参加することが18日、分かった。米メディアが一斉に報じた。トランプ氏がマリク氏を招待したとみられ、民主党のヒラリー・クリントン候補に心理戦を仕掛けている。

 マリク氏は18日、米紙ニューヨーク・ポストに対して討論会に参加すると表明。「トランプ氏は米国を再び偉大にしてくれる」と述べた。FOXニュースによると、トランプ陣営もマリク氏が聴衆のなかに含まれていることを認めた。

 米メディアによると、マリク氏はケニア人であるオバマ大統領の父親と最初の妻との間にケニアで生まれた。現在は米国市民の資格を持っている。7月には、クリントン氏の私的メールアカウント問題やリビア問題への対応を批判して、トランプ氏に投票すると明らかにしていた。

 トランプ氏は第2回討論会でも、ビル・クリントン元大統領から性的暴力を受けたと告白している女性4人を聴衆として招待した。今回もマリク氏を聴衆に含めることで、クリントン氏のメール問題などに注目を集め、揺さぶりをかける狙いがあるとみられる。

 一方、オバマ大統領は18日、トランプ氏がロシアのプーチン大統領をたたえていることについて、「米国政治で前例がない」と評し、対露強硬論でオバマ氏を批判してきた共和党議員らがトランプ氏を支持していることに疑問を呈した。

関連ニュース

【米大統領選】ヴォーグ誌がクリントン氏支持を表明、女性参政権の歴史踏まえ19世紀の創刊後初

「ニュース」のランキング