産経ニュース

ボブ・ディランにノーベル賞 未来へ繋ぐ根源的な文学表現 寄稿・中川五郎

ニュース 国際

記事詳細

更新


ボブ・ディランにノーベル賞 未来へ繋ぐ根源的な文学表現 寄稿・中川五郎

今年のノーベル文学賞に選ばれたボブ・ディラン氏(AP) 今年のノーベル文学賞に選ばれたボブ・ディラン氏(AP)

 ボブ・ディランにノーベル文学賞が与えられることはないだろうとぼくは思っていた。それは彼の歌が狭義の「文学」という枠の中に捉えられるような小さなものではなく、それをしなやかに乗り越え、大胆に逸脱し、もし「文学」の枠というようなものがあれば、それを大きく広げるどころか破壊してしまうような過激で斬新なものだからだ。言葉だけではなく、それに曲をつけ、人前に立って、楽器を弾きながら、声に出して歌う、そんなディランの新しい総合表現を文学と見なすほどノーベル文学賞は頭が柔らかくないだろうとぼくは考えていたのだ。

 ところがノーベル文学賞は、「偉大なアメリカの歌の伝統の上に新たな詩的表現を作り出した」と今年の受賞者にディランを選び、「ディランの詩は耳で楽しむもの、ホメーロスやサッフォーの時代から詩はもともと楽器と共に聞かれるものだった」と、スウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務局長は語っている。何という正しい認識。後の時代に形作られた「文学」の小さな枠にとらわれることなく、もっとも根源的なかたちでの文学表現を、ディランは今の時代の中で、未来に向かってやり続けているということを、ノーベル文学賞はちゃんと理解しているのだ。

続きを読む

関連ニュース

【ボブ・ディランにノーベル賞】割れる賛否「まずい発想の懐古賞」「芸術垣根取り払う」

「ニュース」のランキング