産経ニュース

【主張】サムスン製スマホ 安全管理の徹底が責務だ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【主張】
サムスン製スマホ 安全管理の徹底が責務だ

 ライバルに先行するため、品質や安全管理など、メーカーとして徹底すべき基本が疎(おろそ)かになっていなかったか。真の原因を特定せず、安全を確認できないまま販売再開を強行した責任も重い。

 航空機への持ち込みが禁止される分、世界中で売られた製品の回収に時間を要することも予想される。だが、顧客に多大な負担を強いることを重く受け止め、最後まで安全に回収する責務がある。

 最近のスマホには多様な機能があるが、安全を確保する上で無理な設計となっていないか。サムスンは詳細な説明を尽くさなければならない。他メーカーも、今回の事故原因を参考に自らの製品の安全対策につなげてほしい。

 創業家が支配するサムスングループは、かねて複雑な統治形態が問題視されてきた。問題の再発を防ぐため、意思決定体制の透明性確保も忘れてはなるまい。

関連ニュース

【小塩史人のワールド独談】韓国「サムスン」のスマホが火を噴いた 打倒アップルiPhone 目指すも、今や泣きっ面にハチ状態…

「ニュース」のランキング