産経ニュース

米駆逐艦、約30年ぶりのNZ寄港許可 核搭載船の拒否から一転

ニュース 国際

記事詳細

更新


米駆逐艦、約30年ぶりのNZ寄港許可 核搭載船の拒否から一転

 ニュージーランドのキー首相は18日、11月に最大都市オークランドで行う海軍の記念式典に米海軍駆逐艦の参加を許可したと発表した。1980年代にニュージーランドが核搭載船の寄港を認めない政策を導入して以来、約30年ぶりの米艦船寄港となる。

 非核政策を導入したニュージーランドは85年に米軍の核搭載船の寄港を拒否。反発した米国は86年、オーストラリアを含む3カ国の相互安全保障条約(アンザス条約)に基づくニュージーランドへの防衛義務を停止。ニュージーランドはその後、対テロ戦争への協力などで対米関係を改善してきた。(共同)

関連ニュース

さすがというべきか… シーア派系武装組織の支配地域から米駆逐艦にミサイル 駆逐艦の運命は? イエメン沖

「ニュース」のランキング