産経ニュース

【ウクライナ情勢】和平合意めぐり、独仏露など19日に会談「さらなる手段協議」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ウクライナ情勢】
和平合意めぐり、独仏露など19日に会談「さらなる手段協議」

 ドイツ政府は18日、ウクライナ東部情勢をめぐり、ウクライナのポロシェンコ大統領、ロシアのプーチン大統領、フランスのオランド大統領、メルケル独首相が19日にベルリンで会談すると発表した。昨年2月の和平合意の進捗(しんちょく)状況を評価した上、「さらなる手段を協議する」としている。

 ウクライナ東部では合意以降、ウクライナ軍と親ロシア派武装勢力の戦闘は概ね鎮まったが、局地的に衝突が発生。和平プロセスも停滞中で、4首脳は会談でその進展を図る考え。合意は独仏が仲介。4首脳が集まるのは昨年10月にパリで会談して以来となる。(ベルリン 宮下日出男)

関連ニュース

【ウクライナ情勢】親露派地域に「特別な地位」提案の独仏「ウクライナを売り渡そうとしている」 足並み崩れ、米は強い不満

「ニュース」のランキング