産経ニュース

【朝鮮半島情勢】韓国、先制攻撃システム「キルチェーン」前倒しも 政府と与党が一致

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朝鮮半島情勢】
韓国、先制攻撃システム「キルチェーン」前倒しも 政府と与党が一致

 韓国政府と与党セヌリ党は18日、韓国軍が2020年代前半までに構築するとしている、北朝鮮の核・ミサイル施設に先制攻撃を加える防衛システム「キルチェーン」や独自の韓国型ミサイル防衛(KAMD)について、時期を「20年代初め」に前倒しすべきだとの見解で一致した。

 北朝鮮の核兵器に対する防衛力増強を話し合う政府とセヌリ党による会議の結果として、同党が発表した。

 セヌリ党は、北朝鮮が開発する潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)対策として、水中での作戦能力が高い原子力潜水艦の早期導入を積極的に検討するよう求め、国防省は「慎重に検討する」と応じた。原潜導入を巡っては軍制服組トップの李淳鎮合同参謀本部議長も7日、検討に積極的な姿勢を見せた。(共同)

関連ニュース

【在韓米軍迎撃ミサイル】韓国THAAD配備は「韓国防衛だけ」 米高官が日本との情報共有を否定

「ニュース」のランキング