産経ニュース

菅義偉官房長官「北方領土問題解決の重要性を認識する機会」 19日で日ソ共同宣言から60年

ニュース 国際

記事詳細

更新


菅義偉官房長官「北方領土問題解決の重要性を認識する機会」 19日で日ソ共同宣言から60年

 菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、ロシア(旧ソビエト連邦)との国交を回復した日ソ共同宣言の署名から19日で60年を迎えることについて「北方領土問題解決の重要性を改めて認識するよい機会だ」と述べた。

 菅氏は日ソ共同宣言の意義について「日ソ両国間の外交関係を回復させるとともに、その後の平和条約締結に関する交渉プロセスの出発点を設定した基本的な法的文書だ」と説明。

 また、12月15日に山口県で行われる安倍晋三首相とプーチン大統領との首脳会談について「北方4島の帰属問題を解決して平和条約を締結するという基本方針のもと、ロシアと交渉を粘り強く行っていきたい」と語った。

関連ニュース

安倍晋三首相、尊敬する吉田松陰なぞらえ日露首脳会談に決意「今までの発想にとわられず結果を」

「ニュース」のランキング