産経ニュース

【主張】比ドゥテルテ大統領の訪中 「法の支配」原則見失うな

ニュース 国際

記事詳細

更新

【主張】
比ドゥテルテ大統領の訪中 「法の支配」原則見失うな

 フィリピンのドゥテルテ大統領が東南アジア諸国連合(ASEAN)以外への最初の外遊として中国を訪問し、習近平国家主席らと会談する。

 オランダ・ハーグの仲裁裁判所は今年7月、南シナ海での中国の主張を全面的に退ける裁定を出した。「勝訴」したフィリピンが中国とどう向き合うかは、中国の南シナ海の軍事拠点化を阻止し、航行の自由を守るため、極めて重要である。

 日本や米国は個別にハーグ裁定への支持を表明したが、ASEANや関連の国際会議の声明で触れることはなく、中国への決定的な圧力とはなっていない。

 中国は裁定を「紙くず」と呼び、問題は当事者に限った2国間で解決すると主張している。ドゥテルテ氏は決して、こうした中国の思惑に乗るべきではない。

 法の支配の原則と、国際秩序の担い手としての自覚を堅持し、訪中の最初の仕事として、裁定の受け入れを要求すべきだろう。

 裁定が棚上げされれば、東シナ海を含む中国の一方的な海洋進出に歯止めをかけられず、国際ルールの無視を許すことになる。世界の秩序は大きく損なわれる。

 裁定を受けて日米が相次いで外相をフィリピンに派遣し、ドゥテルテ氏との間で、裁定尊重を確認したのもその重要性ゆえだ。

 気がかりなのは、肝心のドゥテルテ氏が首脳らしからぬ暴言を繰り返し、同盟国である米国が不信感を募らせていることだ。侮辱的な言葉でオバマ大統領を中傷し、軍事協力の縮小にも言及した。

続きを読む

関連ニュース

「暴君」の首に鈴をつけてくれ! 安倍晋三首相に寄せられるドゥテルテ対策への期待

「ニュース」のランキング