産経ニュース

香港返還のシンボル…最高齢パンダ安楽死 ギネス記録、人間なら114歳

ニュース 国際

記事詳細

更新


香港返還のシンボル…最高齢パンダ安楽死 ギネス記録、人間なら114歳

雌のジャイアントパンダ「佳佳」=2015年7月、香港のオーシャンパーク(共同) 雌のジャイアントパンダ「佳佳」=2015年7月、香港のオーシャンパーク(共同)

 【上海=河崎真澄】香港の公共放送RTHK(電子版)によると、世界最高齢の飼育ジャイアントパンダとしてギネス世界記録に認定されていた「佳佳(ジァジァ)」が16日、香港のテーマパークで動物愛護の観点から安楽死を迎えた。

 中国内陸部の四川省内で保護された雌の佳佳は38歳だった。人間なら114歳にあたる高齢だという。

 佳佳は、英国による香港返還から2年後の1999年、アジア通貨危機の影響で経済混乱が続いていた香港に、“パンダ外交”ならぬ「国内向け」支援策として贈られた。このため佳佳は「中国への香港返還のシンボル」とも呼ばれた。

 しかし昨今は、2014年の「雨傘運動」をきっかけに「香港独立運動」が若者らの間に急速に広がっており、中国当局は警戒を強めている。佳佳に続くパンダが香港に贈られるかどうか。注目を集めそうだ。

 佳佳は高血圧などを患っていたが急速に衰弱。16日には動けなくなり、飼育先の「海洋公園」が苦痛を長引かせないよう、安楽死を選んだ。パンダの寿命は野生で約20歳、飼育下で25~30歳とされるが、佳佳はこれを上回る長寿だった。

関連ニュース

世界最高齢、38歳のパンダ死ぬ 香港の遊園地、雌の「佳佳」

「ニュース」のランキング