産経ニュース

幼児向け薬、米で10人死亡、400人健康被害か 「ホメオパシー」でFDA調査

ニュース 国際

記事詳細

更新


幼児向け薬、米で10人死亡、400人健康被害か 「ホメオパシー」でFDA調査

 「ホメオパシー」と呼ばれる代替医療で販売されている幼児向けの薬で、過去6年間に10人が死亡し、約400人が健康被害を受けた可能性があるとして、米食品医薬品局(FDA)が14日までに調査に乗り出した。

 調査対象となっているのは、ホメオパシー薬を手掛ける米ハイランド社が製造、販売する幼児用の製品。歯の生え始めの痛みを和らげるとしているが、FDAは死亡のほかに昏睡状態、嘔吐などの報告があると指摘している。

 FDAは9月30日、消費者に利用の中止と廃棄を勧告する声明を発表。ハイランド社は「現時点で商品と健康被害を関連付ける医学的、統計的な証拠は示されていない」と反論する声明を出した。

 日本では09年に生まれた女児に、山口市の助産師が必要なビタミンKを与えずホメオパシーで使う錠剤を投与し、ビタミン欠乏性出血症で死亡させたとして、母親が助産師に損害賠償訴訟を起こした。(共同)

「ニュース」のランキング