産経ニュース

【米大統領選】女性票が急落、「トランプ劇場」の幕切れも 蔑視発言、共和党内でも候補差し替え論

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
女性票が急落、「トランプ劇場」の幕切れも 蔑視発言、共和党内でも候補差し替え論

大統領選の共和党候補トランプ氏(AP) 大統領選の共和党候補トランプ氏(AP)

 【ワシントン=加納宏幸】米大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏(70)が新たな女性蔑視発言でつまずいた。トランプ氏の刺激的な発言をこぞって取り上げてきたメディアは、分別のある成人男性なら人前で決して口にしない性交渉などを指す卑語を使ったことを批判。共和党幹部も候補の差し替えを求め、大統領選まで1カ月を残して「トランプ劇場」のたそがれを印象づけた。

 「メディアやエスタブリッシュメント(支配階層)はどうしても私を選挙戦から追い出したいようだが、絶対に撤退しない。支持者を決して失望させない」

 トランプ氏は8日、ツイッターでこう断言した。民主党候補、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)の夫、クリントン元大統領に強姦(ごうかん)されたと主張する女性がヒラリー氏を「彼女は“強姦犯”と暮らし、保護している」と批判した投稿もリツイート。9日の第2回討論会でもこの問題を取り上げるとみられる。

 だが、トランプ氏が8日に発表したビデオで発言への謝罪の言葉に続けて「元大統領は複数の女性を虐待し、ヒラリーは被害者を攻撃したり脅したりした」と述べたことは「反省の色なし」と受け止められた。

 ロイター通信によると、これまでに共和党のライアン下院議長やマケイン上院軍事委員長ら60人以上の同党の公職者や経験者がトランプ氏を批判。20人以上が撤退を求めた。米メディアは同党全国委員会がトランプ氏への支援を中止する可能性に触れている。

続きを読む

「ニュース」のランキング