産経ニュース

【安倍晋三首相会見詳報(3=完)】「憲法改正、自民党の担当者に努力を深めてもらいたい」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【安倍晋三首相会見詳報(3=完)】
「憲法改正、自民党の担当者に努力を深めてもらいたい」

訪問先のキューバの首都ハバナで記者会見する安倍首相=23日(共同) 訪問先のキューバの首都ハバナで記者会見する安倍首相=23日(共同)

 「そして、日本の農家はまじめにこつこつとおいしくて安全なものを作ってきました。そうした付加価値が評価される市場が開かれることになります」

 「自由化は、大企業や富裕層のみを豊かにする、こうした誤解があります。そうした誤解をしっかりと解いていく。それは、国際的な規模において、解いていく必要があります。グローバル経済は、一部の強者と多数の弱者をつくっていくということにはならないということを、しっかりとした対策を打っていけば、ならないということを説明をしていく必要があると思います」

 「東アジアサミットの際にオーストラリアのターンブル首相やニュージーランドの首相ともお話をしました。また、マレーシアの首相、あるいはシンガポールの首相とも、しっかりとわれわれがこのTPPの批准を進めていくことで一致をしたところでありますが、国際競争に立ち向かうための対策を示しながら、そういうことを丁寧に説明しながら、若い人たちが、そしてたくさんの人たちが未来に希望を見いだすことができるんだと、共に未来を切り開いていきたいと考えています」

 「そして、昨年11月に全12カ国の首脳がTPPの早期発効を目指すことを確認しました。オバマ大統領は、本年中の議会通過に向けて尽力をしています。また、一昨日、ニューヨークで会談したバイデン副大統領ともTPPの早期発効に向け、日米双方が努力を続けていくことで一致しました。日本の国会の承認が得られれば、TPPの早期発効の弾みとなりますし、臨時国会でTPPの承認が得られ、関連法案が成立するよう全力で取り組んでいきたいと考えています」

続きを読む

関連ニュース

【安倍晋三首相会見詳報(2)】「北朝鮮は新たな段階の脅威。中国の役割は非常に重要」

「ニュース」のランキング