産経ニュース

【シリア情勢】支援グループ会合、米露対立で打開策示せず

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シリア情勢】
支援グループ会合、米露対立で打開策示せず

 米国やロシアなど多国間の「国際シリア支援グループ」の会合が22日、ニューヨークで開かれ、停戦が崩壊の危機にあるシリア情勢を協議した。しかし、シリアで最近起きた空爆などを巡る米ロの対立が続き、打開策を示せなかった。

 ケリー米国務長官は会合後、記者団に「会合の間にも(シリア北部)アレッポでアサド政権が攻撃を行ったと伝えられた」と述べ、アサド政権と後ろ盾のロシアを非難。シリア安定に向け、ロシアは「建設的な提案」を示すべきだと強調した。(共同)

関連ニュース

【シリア情勢】停戦延長求めるも、破綻の色濃いオバマ政権の戦略 誤爆で自ら苦境に    

「ニュース」のランキング