産経ニュース

【米大統領選・争点の現場】家族引き裂くトランプ政策に危機感 フロリダ州、政治力を渇望するヒスパニック

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選・争点の現場】
家族引き裂くトランプ政策に危機感 フロリダ州、政治力を渇望するヒスパニック

ヒスパニックはクリントン氏支持 ヒスパニックはクリントン氏支持

 米大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ(70)は「メキシコ人は強姦(ごうかん)犯だ」と決めつける暴言で移民問題を論戦の中心に据えた。トランプが8月末の演説で不法移民の強制退去を執行する新組織設置などの厳しい移民政策を発表したことで、ヒスパニック(中南米系)は家族を隔てる「壁」が築かれることに危機感を強めている。

 演説後、トランプ陣営のヒスパニック顧問団では辞任の動きが相次いだ。不法移民の市民権取得に道を開く移民制度改革へのヒスパニックの期待は大きく、家族を引き裂くような政策が発表されたことは衝撃だった。フロリダ州マイアミのキューバ系牧師、アルベルト・デルガード(69)も苦々しい思いだったが、あえて顧問団に残った。

 「トランプ氏にもっと人道的になり、引き裂かれた家族の問題にもっと敏感になってほしいからです」

 デルガードは1959年のキューバ革命後、約1万4000人の子供たちを亡命させた「ペドロパン(ピーターパン)作戦」で親元を離れて米国に渡った。強制退去で引き裂かれる家族の気持ちがよく分かる。

 共和党の予備選では移民制度改革に前向きなキューバ系のフロリダ州選出上院議員、マルコ・ルビオ(45)を推したが、民主党候補のヒラリー・クリントン(68)を勝たせれば米国で追い求めてきた「自由」が危ういと感じ、トランプ氏を支持する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 家族引き裂くトランプ政策に危機感 フロリダ州、政治力を渇望するヒスパニック
  • 家族引き裂くトランプ政策に危機感 フロリダ州、政治力を渇望するヒスパニック
  • 家族引き裂くトランプ政策に危機感 フロリダ州、政治力を渇望するヒスパニック

関連ニュース

【米大統領選】トランプ氏息子も失言、難民は「毒入り菓子」

「ニュース」のランキング