産経ニュース

米、黒人射殺でまた暴動 警察と遺族で食い違う主張 ノースカロライナ州は非常事態宣言

ニュース 国際

記事詳細

更新


米、黒人射殺でまた暴動 警察と遺族で食い違う主張 ノースカロライナ州は非常事態宣言

21日、米ノースカロライナ州シャーロットで、警察に拘束される抗議活動の参加者(中央)=AP 21日、米ノースカロライナ州シャーロットで、警察に拘束される抗議活動の参加者(中央)=AP

 深刻化する警察と黒人社会の対立は、11月の大統領選の争点にもなっている。「法と秩序」を掲げ、白人男性を主な支持層とする共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)は一連の事件について、ツイッターで「悲劇的だ。安全な米国を取り戻そう」「われわれは結束と指導力が必要だ」などとつぶやいた。

 一方、黒人ら少数派の支持を受ける民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)は21日のフロリダ州での集会で、「事件について分からないことは多いが、警察官に殺害された黒人のリストに2人の名前が加わったことは知っておくべきだ」とし、「耐えられず、許し難い」と述べた。

このニュースの写真

  • 米、黒人射殺でまた暴動 警察と遺族で食い違う主張 ノースカロライナ州は非常事態宣言

関連ニュース

白人警官が13歳黒人少年射殺 エアガン所持、強盗事件後

「ニュース」のランキング