産経ニュース

【移民ショック】シリア人の少年、ドイツでテロ計画 難民宿泊施設で拘束

ニュース 国際

記事詳細

更新

【移民ショック】
シリア人の少年、ドイツでテロ計画 難民宿泊施設で拘束

 ドイツ西部ケルンの警察当局は21日、ケルンの難民宿泊施設で20日に拘束したシリア人の少年(16)が所持していた携帯電話を調べ、爆弾テロを計画していたことが判明したと発表した。ドイツのメディアが伝えた。

 ドイツでは7月に難民保護申請者のテロが相次ぎ、難民らに対する警戒感が強まっている。難民宿泊施設に滞在していた少年によるテロ計画が明らかになり、国民の不安はさらに強まりそうだ。

 警察当局によると、少年は過激派組織「イスラム国」(IS)関係者とインターネットのチャットで連絡を取り合っていた。少年は爆弾作りに関する指示を受け、爆弾テロ実行に向け意欲を示していたという。(共同)

関連ニュース

【移民ショック】英議会前で救命胴衣の「墓標」イベント 海渡る難民への支援訴え

「ニュース」のランキング