産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


VW経営陣、不正認識か 基準満たせずと報告

ベルリンの自動車販売店に掲げられたフォルクスワーゲンのエンブレム=2015年(AP) ベルリンの自動車販売店に掲げられたフォルクスワーゲンのエンブレム=2015年(AP)

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題で、グループ会社アウディの技術者が、米国の厳しい環境基準は不正なしでは満たせないと、2007年にアウディの経営陣に報告していたことが分かった。経営陣が不正を認識していた可能性が出てきた。南ドイツ新聞(電子版)などが21日報じた。

 VWから社内調査を委託された米法律事務所の調べで判明した。この問題でVWはこれまで経営陣の関与はないと説明してきたが、グループ全体の意思決定に深く関わるアウディ経営陣が不正に関する報告を受けていたことになる。

 VWはディーゼルエンジン車に違法ソフトウエアを使用し、実際の走行時に排ガス基準を超えていても、試験時には浄化機能がフル稼働して基準を満たすように見せかける不正を行っていた。(共同)

関連ニュース

VWの日本販売なお苦戦 不正発覚から1年、ブランド回復遠く

「ニュース」のランキング