産経ニュース

【米大統領選・争点の現場】衰退する製造業の街、激戦州オハイオ オバマへの怒りがトランプを後押し 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選・争点の現場】
衰退する製造業の街、激戦州オハイオ オバマへの怒りがトランプを後押し 

オハイオ川沿いに連なる壁画は、かつての製靴産業の栄光を伝えている=9日、オハイオ州ポーツマス オハイオ川沿いに連なる壁画は、かつての製靴産業の栄光を伝えている=9日、オハイオ州ポーツマス

 石炭の産地として知られるアパラチア山脈のふもとにあるオハイオ州南部ポーツマスには長さ600メートルの長大な壁画がある。溶鉱炉から流れ出る真っ赤な鉄、製靴工場で働く女性たち、車や人が行き交う夜の繁華街。描かれているのは18世紀から続く街の栄光だ。

 しかし壁画から1区画離れた街の中心部には寂しさが漂う。数軒おきにある空き店舗や窓が割れたまま放置された民家は地域経済の苦境を映し出している。

 「われわれの街はオバマ政権に壊滅させられた」

 ポーツマスがあるサイオト郡の郡制委員、ブライアン・デービス(45)は8年間の大統領任期を終えようとするバラク・オバマへの怒りを隠さない。デービスにとって、オバマが気候変動対策として進める石炭火力発電所への規制強化は石炭産業への弾圧、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は製造業の海外流出を加速させる愚策だ。

 デービスは街の衰退にあらがってきた。2009年には他の投資家とともに破綻した地元の靴紐メーカーを買収し、休眠工場を再稼働させた。しかし生み出せた雇用は37人で、最盛期には5千人が働いていたかつての製靴産業の輝きは取り戻せていない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 衰退する製造業の街、激戦州オハイオ オバマへの怒りがトランプを後押し 

関連ニュース

【米大統領選・争点の現場】「誰に投票すればいいの」 頭悩ます豚農家 クリントンもトランプもTPP反対 でも意外に多い自由貿易派…

「ニュース」のランキング