産経ニュース

【朝鮮大学校 60年の闇(中)】北の言いなりでなく、在日コリアンの手で…教育改革、総連幹部の保身で幻に 金も人も朝大離れ加速

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朝鮮大学校 60年の闇(中)】
北の言いなりでなく、在日コリアンの手で…教育改革、総連幹部の保身で幻に 金も人も朝大離れ加速

朝鮮総連傘下の商工人グループが提出した朝鮮学校改革案を盛り込んだ要望書。「至急」「是正」の文字が書かれている 朝鮮総連傘下の商工人グループが提出した朝鮮学校改革案を盛り込んだ要望書。「至急」「是正」の文字が書かれている

 老朽化した東京朝鮮中高級学校の校舎建て替え費用約13億円を彼らが負担することになっていたからだ。「金を出すなら口も出させろ」と主張する腹づもりだった。

 だが、要望書問題は思わぬ方向へ向かう。北朝鮮の総書記、金正日(キムジョンイル)の目に触れた上、総連関係利権をめぐる労働党内部の権力闘争にも利用される複雑な事態を招いてしまった。

 火の粉が降りかかることを恐れた総連幹部は、要望書の一部は「聞きおく」姿勢を見せつつ、根幹部分では「骨抜き」にするというやり方で保身を図る。結局、その後、何度か行われた教科書改訂で、一部見直しは行われたものの、最大の焦点である思想教育部分は現在に至るまでほとんど変わることがなかった。商工人による朝鮮学校の教育改革は幻に終わった。

 「あれが最後の改革チャンスだった。『大衆の意向はこうなんだ』と総連幹部は(北朝鮮を)説得できたはずだったのに、今やそのパワーも人材もない」。朝鮮学校の元校長は自嘲気味につぶやいた。  

   (敬称略)

関連ニュース

【朝鮮大学校 60年の闇(下)】朝鮮労働党幹部、金日成教示を潰す

「ニュース」のランキング