産経ニュース

【米中枢同時テロから15年】クリントン氏が体調不調訴え追悼式典を途中退席 肺炎と診断 大統領選への影響も…

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米中枢同時テロから15年】
クリントン氏が体調不調訴え追悼式典を途中退席 肺炎と診断 大統領選への影響も…

米中枢同時テロの15周年記念式典の会場から退出する民主党大統領候補のヒラリー・クリントン氏=11日、ニューヨーク(ロイター) 米中枢同時テロの15周年記念式典の会場から退出する民主党大統領候補のヒラリー・クリントン氏=11日、ニューヨーク(ロイター)

 【ニューヨーク=上塚真由】米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)が11日、ニューヨークで行われた米中枢同時テロの追悼式典で体調不良を訴え、途中で退席した。クリントン氏の医師によると、同氏は2日前に肺炎と診断されており、式典中は暑さで脱水症状を起こしたという。

 式典は、世界貿易センタービル跡地で行われた。クリントン氏はサングラス姿で11日午前8時ごろ到着したが、式典中の同9時半ごろに退席した。現場で撮影された映像では、足元がふらつき、周囲のスタッフに支えられて車に乗り込む姿が映し出された。

 その後、マンハッタンにある娘のチェルシーさんのアパートで休憩。クリントン氏は正午前に報道陣の前に姿を現し、「気分は良い」と笑顔で語った。

 事態を受けて、陣営は医師の診断内容を公表。それによると、同氏は最近、アレルギーに関連したせきの症状があり、9日に肺炎と診断された。抗生物質を処方され、日程を調整して休息を取るように指示されたという。医師は、「暑さで脱水症状を起こしたが、現在は順調に回復している」と説明した。

続きを読む

このニュースの写真

  • クリントン氏が体調不調訴え追悼式典を途中退席 肺炎と診断 大統領選への影響も…
  • クリントン氏が体調不調訴え追悼式典を途中退席 肺炎と診断 大統領選への影響も…

「ニュース」のランキング