産経ニュース

【ポケモンGO】ポケモン卵が「菜食」侵害 インド西部で住民提訴

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ポケモンGO】
ポケモン卵が「菜食」侵害 インド西部で住民提訴

 インド西部グジャラート州で、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が、多数派ヒンズー教徒などの信仰を侵害したとして、地元男性が8日までに裁判所に国内でのゲーム禁止を求めた。登場する「モンスターの卵」が、ヒンズー教や少数派ジャイナ教が理想とする菜食主義に反するとの主張だ。

 人口約13億人のインドでは3~4割が菜食主義者とされ、殺生を遠ざけるため肉や魚に加え、卵も避けられる。グジャラート州は菜食主義者が多いことで知られる。

 ポケモンGOは外出して架空の生き物「ポケモン」を捕まえるゲーム。ヒンズー教の寺院やほこらがゲーム内で「卵」が現れる地点として用いられており、PTI通信によると、男性は「寺院に卵が登場するのはヒンズー教やジャイナ教への冒涜」と訴えた。インドでは、卵は非菜食主義者の代表的な食材で寺院では特に避けられている。(共同)

関連ニュース

【ポケモンGO】タイでも爆発的人気 安全懸念で規制策検討

「ニュース」のランキング