産経ニュース

【北朝鮮拉致】元北朝鮮戦闘員「日本は一番浸透に適当」 拉致調査会の特別検証で

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
元北朝鮮戦闘員「日本は一番浸透に適当」 拉致調査会の特別検証で

 拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」は8月31日、山口県長門市などで特別検証を実施した。日本に潜入した経験のある北朝鮮の元戦闘員、李相哲(リサンチョル)(仮名)氏が同行し、「北朝鮮からみて、日本が一番浸透するのに適当な場所だ」と警鐘を鳴らした。

 李氏が日本に入ったのは昭和57年6月。北朝鮮から工作母船で出港し、山口県沖合の小島で組み立て式の子船に乗り換えた。その後、青海島で20代半ばぐらいの在日朝鮮人とみられる男性と合流し、北朝鮮に連れていったという。

 31日に沖合からのルートを船でたどった李氏は「北朝鮮が浸透する地点をかなり調べていたんだということを改めて気づいた」と指摘。調査会の荒木和博代表は「李さんは漁をしている漁船の間を通ってきたが気づかれていない。日本は極めて入るのが簡単な場所ということだ」と語った。

関連ニュース

【北朝鮮拉致】拉致の実行犯・辛光洙容疑者が北のテレビに登場した? 変わらぬ英雄扱いは日本への挑発か

「ニュース」のランキング