産経ニュース

【北ミサイル】日本のEEZ内落下、米軍も重大視 高高度防衛ミサイル配備急ぐ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
日本のEEZ内落下、米軍も重大視 高高度防衛ミサイル配備急ぐ

北朝鮮の弾道ミサイル発射について取材に応じる中谷防衛相=3日午前、防衛省 北朝鮮の弾道ミサイル発射について取材に応じる中谷防衛相=3日午前、防衛省

 【ワシントン=青木伸行】米軍は、北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射に関し、ミサイル1基の弾頭部分が、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことを重大視しており、日韓と連携し引き続き警戒に当たっている。

 米国務省は声明で、「国連安全保障理事会決議に違反する今回と最近のミサイル発射を強く非難する。われわれの懸念を国連で提起する」と指摘。「こうした挑発行為は、安保理決議に基づく制裁を履行するという国際社会の決意を強めさせるだけだ」と牽制した。

 さらに、「日本や韓国を含む同盟国を防衛するわれわれの決意は強固だ。北朝鮮のいかなる攻撃や挑発からも米国と同盟国を守り、連携する用意ができている」と警告。北朝鮮に「地域の緊張をさらに高める言動を自制するよう求める」と促した。米軍は最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を急ぐ方針だ。

「ニュース」のランキング