産経ニュース

日中首脳会談 安倍晋三首相は南シナ海問題の平和的解決迫る 「騒ぎ立てるな」と中国の李克強首相

ニュース 国際

記事詳細

更新


日中首脳会談 安倍晋三首相は南シナ海問題の平和的解決迫る 「騒ぎ立てるな」と中国の李克強首相

アジア欧州会議の記念撮影に臨む中国の李克強首相(左)と安倍首相=16日、ウランバートル(代表撮影・共同) アジア欧州会議の記念撮影に臨む中国の李克強首相(左)と安倍首相=16日、ウランバートル(代表撮影・共同)

 【ウランバートル=小川真由美、西見由章】安倍晋三首相は15日午後(日本時間同)、中国の李克強首相と訪問先のモンゴルの首都ウランバートルで会談した。安倍首相は、中国が南シナ海で強行する海洋進出と軍事拠点化に懸念を示し、法の支配の下で紛争を平和的に解決することが重要だとする日本政府の立場を伝えた。安倍首相は中国側が裁定を受け入れるよう求めたとみられる。

 これに関し、中国外務省は、李氏が仲裁裁定を念頭に「中国の立場は国際法と『南シナ海行動宣言』に完全に合致する」と主張。日本は非当事国だとして「言行を慎むべきで、騒ぎ立てたり介入したりしてはならない」と言及したと発表した。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に軍艦を侵入させるなど中国が緊張を高めている東シナ海情勢についても意見交換。李氏は「双方が対話と交渉を通じて意思疎通を強め、誤解や判断ミスを防がなければならない」と語ったとした。

続きを読む

「ニュース」のランキング